赤ちゃんのアトピーには保湿

 

赤ちゃんのアトピーには保湿が重要だとご存知なので、一生懸命保湿をされていると思います。

でも、小児科や皮膚科でもらった薬を付けても、一向に改善しないということで、途方に暮れ、色々と調べていらっしゃると思います。

 

ステロイドがダメなんじゃないか、市販薬のほうがいいんじゃないか、民間療法のほうがいいんじゃないか…。

そんな風に思い、どうすればいいのか迷いに迷われているのではないでしょうか。

 

なぜ処方される薬の効果がないのでしょう

薬の効果がないと思われているかもしれませんが、薬の効果があるから、その程度になっているということを理解していただきたいと思います。

 

アトピーは、一朝一夕でどうこうなるものではないんですよね。

薬を塗った翌日に、ピタッと改善していれば一番いいのですが、そういうわけにはいきません。

 

 

ただ、うまくコントロールができていないだけなんです

アトピーと診断されたけど、医師からアドバイスがあるわけでもなく、ただ、軟膏だけを処方され、塗るように言われた。

そういう状態ではないでしょうか?

 

実は、これって非常に多いんです。

なぜなら、医師がアトピーに詳しくなかったり、専門的知識がなかったりするから。

 

 

そんな説明で、アトピーがコントロールできるわけがないですよね。

 

小児科・皮膚科ではらちがあかないことがあります

小児科、皮膚科では、らちがあかないということが普通にあるんです。

なぜなら、小児科は子供の病気全般、皮膚科は皮膚病全般でアトピーを専門としていない医師のほうが圧倒的に多いから。

 

そんなときは、アレルギー科。

アドピーやアレルギー性鼻炎などの、アレルギーを専門に扱っているところです。

 

ですから、アトピーと診断されたり、あなたが疑ったりしているのであれば、アレルギーを扱っている小児科を受診するべきだと思うんですよね。

 

その中でも、できればですが、アレルギー専門医がいらっしゃるところがベストです。

なぜなら、プロ中のプロだから。

 

 

アレルギー専門医については、日本皮膚科学会の公式サイトで確認ができます。

 

アトピーだということは何らかのアレルゲンがあります

アレルゲンがなければ、アトピーにはなりません。

なぜアトピーになってしまっているかの検査を、もしもしていないのであれば、その小児科、皮膚科、アレルギー科は見切りをつけたほうがいいです。

 

なぜなら、アトピーは保湿ももちろん大切ですが、アレルゲンを回避することが大切だからに他なりません。

 

検査をしていても、もしも対処療法を教えない軟膏だけを処方する、小児科、皮膚科、アレルギー科は見切りをつけたほうがいいです。

 

それだけ、対処療法というのは重要だから。

 

 

ダニアレルギーによるアトピーなら、ダニアレルゲンの除去。

花粉アレルギーによるアトピーなら、花粉アレルゲンの除去。

 

それぞれに対策があるんですよね。

 

まとめ

子供がアトピーの場合、保湿はとても重要です。

でも、それ以前に、アレルゲンの除去が大切です。

子供のダニアレルギー対策!我が家で行っている5つのこと

花粉症によるアレルギー!専門医が教える家庭で対策できる簡単な方法

あなたの赤ちゃんのアトピーが、改善することを切に願います。

アトピー訴求