アトピーの子供は日焼けしやすい

アトピーの子供は日焼けしやすい。

その理由、そして対策を説明させていただきたいと思います。

 

アトピーの子供は日焼けしやすい

なぜアトピーの子供は、日焼けしやすいのでしょう?

それは、肌のバリア機能が弱っているから。

 

基本的に日光に当たれば誰だって日焼けはするのですが、アトピーの子供は肌のバリア機能が弱っている分、日焼けによる肌トラブルを起こしやすい状態にあるんですよね。

 

 

例えば、日焼けダメージが『10』だとします。

肌のバリア機能が正常に働いていれば、ダメージは『5』なのに対し、アトピーの肌でバリア機能が低下していると『10』のダメージを受けてしまうわけなんです。

 

かゆみ、赤み、ヒリヒリという、日焼けによる症状が過敏に出やすいですし、黒くならずに火傷のように真っ赤に腫れ上がってしまうこともありますよね。

 

日焼け対策が最重要

ですから、日焼け対策がとても重要になってくるんです。

 

日焼けと言えば、すぐに思いつくのが日焼け止め。

 

ただ、非常に残念なことに、アトピーの子供の場合、注意が必要なんです。

なぜなら、日焼け止め自体が刺激になって、アトピーを悪化させてしまう可能性が否定できないから。

 

「じゃあ、どんなのを選べばいいの?」という話になると思うのですが、重要なのは低刺激かどうか、塗りやすいかという2点になると思うんです。

 

 

一番気をつけていただきたいのが、紫外線吸収剤が入った日焼け止めですね。

これ、肌への刺激が結構強くて、アトピーの子供の肌を荒れさせてしまうことが多いんです。

 

子供用と書いてあったとしても、紫外線吸収剤のものは避けたほうが無難。

入っていないものが多々あるので、そちらを選択するに越したことは無いと思います。

 

ベタ付くのも子供は苦手なのではないでしょうか。

うちの子供は、べた付くのが気持ち悪いといって、とても嫌がります。

サラッとした使い心地のものが、ベターかなと。

 

これはあくまでも、その子供の感覚になりますので、そこまで重要ではないのかもしれませんが、ベタ付くよりはサラッとのほうがいいのかなと、個人的に思ってます(笑)

 

パッと塗れるというのも、何気に重要だったりしませんか?

子供って、落ち着きないですよね?

「えっ!?クリームタイプでも全然余裕で塗れる?」

 

 

本当ですか?

良いですね落ち着きのあるお子様で。

 

うちのは塗っている間もちょろちょろと体を動かすので、うまく塗ることができないんですよ。

ふざける時もありますし。

 

そんなときに便利なのがミストタイプの日焼け止め。

シュッとしてサッと伸ばせば、もう出来上がり(笑)

 

 

どんだけラクなんだって話なんですよね。

 

これらの要素をすべて含んでいたのがアロベビーのUV&アウトドアミスト。


⇒【99%以上天然由来 紫外線吸収剤・ディート不使用】アロベビー 国産オーガニックUV&虫除けミスト

 

まとめ

アトピーの子供は、日焼けしやすいです。

しっかりと、日焼け対策を練ってくださいね。

 

日焼け止めは基本無添加。

そして、紫外線吸収剤を、できるだけ避けてくださいね。

 

ここからは余談になります

アトピーの子供は日焼け対策もですが、保湿対策もとても重要だといわれています。

 

アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、バリア機能が弱まり、水分が外へ出てしまっているため、乾燥しています。

乾燥した皮膚は、外部からの刺激を受け、かゆみを感じます。

保湿をしっかりとしてあげてください。

引用元:持田ヘルスケア(九州大学皮膚科教授)

 

アトピーによる乾燥肌には、エビデンスに基づいたセラミドがあります。

興味がある際には、こちらにまとめてみましたので、目を通していただければ幸いです。

子供の乾燥肌にセラミド?一番効果があるとのエビデンスあり

 

あなたのお子様が、日焼けによるトラブルを起こさないことを、切に願っております。

アトピー訴求