子供の鼻づまりは、アレルギーの可能性がとても高いです。

なぜなら、風邪もひいていないのに鼻が詰まるということは、原因がある程度かぎられてきて、その原因の中でアレルギー性鼻炎という病気が一番多いからです。

 

うちの娘も鼻づまりがひどくて、原因が分からず耳鼻科に行きました。

その結果、アレルギー性鼻炎と診断され、薬を処方されたんです。

 

子供の鼻づまりはアレルギー性鼻炎の可能性が高い

子供の鼻づまりはアレルギー性鼻炎

しかし、その耳鼻科では、1つの内服と、プリビナという詰まった時に使う点鼻薬が処方されただけでした。

 

なぜ過去形になっているのかというと、今は、アレルギー専門医のいるクリニックで、治療をしているからです。

 

アレルギー専門医と耳鼻科では治療方法が異なる?

うちの近所にあった耳鼻科だからかもしれませんが、子供の鼻づまりは鼻の中をのぞいてアレルギー性鼻炎だと判断され、先ほども書きましたが、内服1つ(名前は忘れました)とプリビナを処方されただけ。

画像引用元:https://www.ono.co.jp/patient/disease/no06.html

 

日常生活はどうすればいいのかというのは、全く説明されませんでした。

 

今は、アレルギー専門医がいるところで治療をしているのですが、まず、血液検査をして何のアレルギー科をチェック。

さらに、プリックテストでチェック。

 

その結果、ダニアレルギー、ハウスダストアレルギー、花粉アレルギーと診断されました。

 

まずは軟膏系で肌を保護

すると、とにかく肌を保護しなくてはいけないとの指導。

「えっ!?」って感じだったのですが、今は、肌からアレルギー物質などが入りアレルギーを発症しやすいというわれました。

2つの画像の引用元:https://www.kanehara-shuppan.co.jp/_data/journals/047512014045S.pdf

ようするに、いくらダニとかがいたとしても、肌がキレイな状態であれば、そこまで侵入はされないので、アレルギーは軽減する。

1にも2にも保湿が大切と言われ、多くの保湿系の薬と内服と、点鼻薬が処方されました。

プリビナも処方してもらっているのですが、使わずに生活ができているので掲載していません。

耳鼻科で治療を続けているときは、プリビナはひっすだったんですけど、この違いようは…。

 

夜もぐっすり眠れるようになって、本当にいい感じです。

 

自分で出来る努力もある

ただ、薬だけで落ち着いているわけではありません。

それなりにですが、日々努力もしています。

 

掃除

長女も次女も、ダニアレルギーでハウスダストアレルギー。

ですから掃除は欠かせません。

毎日掃除機をかけ、2日に1回は敷き布団に掃除機をかけています。

敷き布団は、専用のノズルを使って行っています。

ダニ取りシートの使用

掃除機で2日に1回の敷布団の掃除は行っているのですが、イマイチ心配なのでダニシートを利用しています。

ダニシートに関しての詳細は、別のページに書いていますので、ここでは割愛しますね。

ダニシートって効果あるの?そのストレートな質問への答えは!

 

体質改善

これも結構重要かなって思います。

なぜなら、内面が弱っていたら、肌トラブルも起こりやすいから。

私が注目したのは、腸内細菌。

アレルギーにオリゴ糖が効果的だといえる理由とは

まとめ

子供の鼻づまりは、アレルギーの可能性がとても高いです、

一度、診察に行かれることをおすすめします。

できれば、アレルギー専門医がいらっしゃるところがいいですね。

 

あなたのお子様の鼻づまりが、少しでも改善することを切に願っております。

アトピー訴求