子供が鼻づまりで口呼吸をしている。

実はこれ、結構やばい状況。

 

うちの娘も鼻づまり(アレルギー性鼻炎:ダニとハウスダストのアレルギー)で口呼吸をしていたのですが、口の中が乾燥しやすいので息が臭くなったり、喉を傷めやすかったり、風邪をひきやすかったり、気管支を傷めやすかったりと、何も良い事がありません。

 

子供が鼻が詰まっているから口で吸う口呼吸をしている時の対策

簡単にできる対策は4つ。

 

ここに書こうと思ったのですが、過去の記事に書いていましたので、そちらで確認していただいてよろしいでしょうか?

子供の鼻づまりがいつもある時に簡単にできる4つの対策を紹介

本当に、本当に、申し訳ございません。

 

実は子供の口が開きっぱなしだとそれ以外にもやばいことが!

子供が鼻づまりで口呼吸をしていると、先ほど書いたこと以外にも、とんでもないことが起こるんです。

それが次の2つ。

 

出っ歯になりやすい(歯並びが悪くなりやすい)

何も考えていなかったのですが、学校の歯科検診で、歯並びのことを指摘されました。

かかりつけの歯科に行くと、口呼吸だから、口で歯が押さえつけられないため、前に出てきやすくなるということでした。

 

 

歯の矯正が必要なのかなと思っていたら、口を閉じていれば大丈夫とのこと。

アレルギー科に通って鼻づまりは解消したものの、口呼吸がくせになっていたんですね。

私たちも口が開いているのを見慣れていたので、何も感じずそのままだったんです。

 

唇が乾燥しやすいしめくれやすい

唇がとにかく渇きやすいです。

とくに、口を閉じた時にくっつく上唇と下唇のところですね。

そして、ずっと口が開いているから唇が上の方にめくれやすくなります。

見た目が汚くなってしまうんですよね。

口呼吸を行っていると、無意識のうちに唇が軽く前に突き出す形になってしまうため、それが長時間続くとたらこ唇になるのだそうです。

引用元:https://white-family.or.jp/wp/archives/1878

 

寝ている時が一番危険

日中は意識して閉じればいいですし、親が気がついた時に指摘してあげれば問題ないのですが、寝ているときは無防備ですし、意識がないので自然とクセで口が開いてしまうんです。

 

口に貼るテープで対応

そんなときに便利なのが、口に貼るテープ。

ドラッグストアや薬局に、数百円で売ってあります。

 

これを貼り続けるとあら不思議!

うちは36枚入りのを使ったのですが、半分くらい使った時には、口が閉じられるように!

 

 

もう使わなくて大丈夫だとは思うのですが、もったいないから、使い切ろうと思っています(笑)

 

まとめ

子供が鼻づまりで口呼吸になってしまうと、様々な弊害が起こります。

口で吸うことに、何のメリットもありません。

がしかし、鼻が詰まっていると、鼻で息ができないわけですから、そうせざるを得ません。

 

少しでも早く、鼻づまりの原因を特定し、改善へと導いてもらいたいと願います。

 

⇒子供の鼻づまりがいつもある時に簡単にできる3つの対策を紹介

アトピー訴求