防ダニ布団の比較。

いろんな防ダニ布団がありますが、どれが自分の子供にぴったりなのだろう。

気になったものですから、調べたんですよね。

 

その結果、私が選んだのがこちらの布団です。

 

⇒アルファイン+ダクロンは高品質なのに安い防ダニ布団!アレルギー症状に変化が!

 

防ダニ布団の比較をするときにこだわった4つのポイント

1.高密度による防ダニ

2.日本製かどうか

3.価格

4.丸洗いできるか

 

高密度による防ダニ

防ダニと一言で言っても、忌避タイプと高密度タイプに分かれるんですよね。

 

忌避タイプ

ダニが嫌いな成分を含ませることにより、ダニを寄せ付けなくする。

効果は1年程度といわれ、洗ってしまえばその効果はさらに短くなる。

 

高密度タイプ

ダニが入り込めない密度で作られている布団。

破れないかぎり、半永久的にダニが入り込めない。

 

こちらのほうが絶対いいだろうと思い、高密度タイプでさらに詳しく調べることにしました。

 

高密度タイプの布団を調べた結果、以下の5つの布団があることが分かった

・ダニゼロックSP

・アレルギークリア

・ミクロガード

・ティーガード

・受注生産(高密度アルファイン+ダクロン)

 

日本製かどうか

国産のものがいいとは断言できませんが、海外のものより日本製のほうがいいような気がしたので、日本製かどうかにこだわりました。

 

先ほどの高密度の防ダニ布団は、全て日本製になります。

 

価格

いくらでもお金を払えるのであれば良いのですが、うちの場合はそうもいきません。

子供のアレルギーに関わることなので、妥協したらダメなのでしょうが、節約は必要だと感じるんですよね。

 

調べた結果、以下のような価格設定になっていることが分かりました。

価格
ダニゼロックSP 23,000円
アレルギークリア 33,264円
ミクロガード 24,500円
ティーガード 33,000円
アルファイン+ダクロン 14,149円

 

丸洗いできるか

これって結構重要なんですよね。

なぜなら、表面にもアレルゲンはついているから。

 

定期的に掃除機をかけるので、限りなく0に近い状態ではあるのですが、表面にはついてしまいます。

それに、汗や皮脂汚れなどが染み付いたりしてしまいますよね。

ですから、アレルゲン除去+清潔という意味合いで、丸洗いは必要だと思うんですよね。

丸洗い(○or×)
ダニゼロックSP ×
アレルギークリア ×
ミクロガード
ティーガード
アルファイン+ダクロン

 

防ダニ布団を比較した結果、私が選んだのはアルファイン+ダクロン(受注生産)

以上の結果を踏まえて、私が購入したのが、アルファイン+ダクロン(受注生産)だったんです。

価格が良心的で、丸洗いができるというのは嬉しいポイントでしたね。

 

正直、1万円台で高密度タイプの防ダニ布団が購入できるとは思っていなかったので、一生懸命調べてよかったなって思います(自己満足・笑)

 

⇒受注生産のアルファイン+ダクロンの詳細を見てみる

 

まとめ

防ダニ布団を比較した結果、日本製で安くて丸洗いできる高密度タイプの布団を見つけることができました。

他の4つの防ダニ布団もいいのかもしれませんが、使ったことがありませんので、評価をすることができません。

 

ただ、言えるのは、受注生産のアルファイン+ダクロンを使った結果、子供の鼻づまりや喘息は、軽減しているということ。

あんなに頻繁に詰まっていたのがウソのように、今は、鼻が通っています。

 

⇒ダニがいない安心感。それが体験できるのは高密度の防ダニ布団だけ。安くても高性能なのがアルファイン+ダクロン

アトピー訴求