防ダニシートって、赤ちゃんにも安全なのかな…。

赤ちゃんがいる時のダニ対策って、赤ちゃんの体が心配だから、なるべく安全で確実な方法を行いたいですよね。

 

防ダニシートは赤ちゃんに安全に使えます!

単刀直入に書きますが、赤ちゃんにも安全です。

 

 

なぜなら、エサでダニを寄せ付けて、捕獲して、外に出られないようにするものだからです。

ゴキブリホイホイってあるじゃないですか?

あれと、同じと思って下さい。

 

強い殺虫成分が入っているわけではなくて、ダニをおびき寄せる誘引剤を使って、粘着剤で捕獲するって訳ですね。

 

キンチョールやアースノーマットのように、殺虫成分は含まれていないから安心です!

 

でもハイハイして舐めたりしたら危ないんじゃないの?

しかしながら、さらなる疑問が生まれてくる…。

「もしも、赤ちゃんがなめてしまったらどうなってしまうのだろう」という疑問。

 

誘引剤は安全性が高いもので作られているのでしょうが、危険な気もするし、大丈夫なのだろうかと心配になってしまう。

 

急性経口毒性試験をクリアしているかが重要なポイント

1つの基準としてあるのが、日本食品分析センターが行っている、急性経口毒性試験です。

 

これは、『単回の経口投与により50 %の動物が死亡すると予測される物質の量』を測定する検査になります。

 

死亡がない場合は,「LD50値は2000 mg/kgを超える」と記載いたします。

この試験には、さらに上があって、例外として,より高い用量である5000 mg/kgの追加が認められる場合があります。

●特定の規制上の必要性から正当であると認められる場合

●検体に対して高感受性を示す集団の存在が想定される場合

これをクリアできれば、抜群の安全性があるということになりますよね。

もしも、もしも赤ちゃんがダニシートを舐めてしまう可能性がクリアできないのであれば、こういった安全性の高いものを選ぶというのもポイントなのではないでしょうか?

 

いろんな防ダニシートをチェックした結果、1つだけあった

メールで質問しましたが、すぐに返信をいただき、会社としても非常に素晴らしいと感じました。

 

 

【私の質問】

Q:経口試験の情報がありますが、誤って、赤ちゃんが舐めてしまった場合はどうでしょうか?

有害なものは入っていないから、大丈夫でしょうか?

 

【メーカーからの答え】

A:急性経口毒性試験より本製品は、食品と同等のレベルであります。

そのため、安全性に問題はございません。

毒性試験において、その安全性は証明されておりますが、少しでもご不安がございましたら、ご使用はお控え頂いた方が良いです。

 

⇒急性経口毒性試験に合格している、赤ちゃんにも安心して使える防ダニシートはこちらです

アトピー訴求