布団に掃除機をかけたい。

でも、布団用の掃除機もないし、布団用のヘッド(ノズル)もない。

こんな時どうすればいいのだろう…。

 

そもそも、普通のヘッドで布団に掃除機をかけて、効果ってあるのだろうか…。

そんな風に、あなたは悩んでいらっしゃると思います。

 

普通のヘッドでも効果がありますが気をつけるべきポイントが1つ

それは、布団の生地や布団カバーがくっつきやすいということです。

めちゃめちゃ、掃除機をかけづらいんですよ(笑)

全然すべらないんです(笑)

 

笑いですべらなければ最高なんですけど、掃除機がすべらないのは致命的です。

 

 

「じゃあダメじゃん」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

普通のヘッドに、水切りネットや、ミカンが入っていたりするオレンジのネット、ストッキングなどをかぶせましょう。

するとどうでしょう。

回転する部位が布団と絡みにくくなりますので、がぜん、吸いやすくなります。

 

片方の足分を切って、それを伸ばしながらノズルを覆いましょう。

代用と言ったら大げさですが、くっつくのを防ぐことができるんです。

 

普通のヘッドでも、こうやって対応することにより、専用のヘッドのように使えるわけですね。

 

タタミや床(フローリング)にかける時の様にはすべらないから気をつけて下さい

そもそも、布団って、掃除機がかけづらいんですよ。

専用のヘッドを使ったとしても、専用の掃除機を使ったとしても、布団や毛布は掛けづらいです。

 

特に掛け布団。

これは、めっちゃかけにくい。

 

専用のヘッドというのは、こういうのです。

ですから、普通のヘッドに水切りネットなどを付けて試した結果、「あれ?やっぱり水切りネットじゃダメだ」などと、決して思わないでください。

 

そんなものですから。

 

布団用の掃除機を買ったり、布団用のヘッドを買ったりすれば、それ以上に簡単に布団の掃除ができるとは、決して思わないでくださいね。

同じくらいのレベルでしか、掃除はできませんから。

 

 

見栄え的には、専用のヘッドや、布団掃除機のほうがいいですが、見栄えってそんなに気にならないですよね?

布団に掃除機をかけるのを、誰かに、いちいち見せつけたりしませんよね?(笑)

 

まとめ

掃除機を買った時に、布団専用のヘッドが付いていたのであれば、それを使うべきだと思います。

しかし、ないのであれば、いちいち買う必要はありません。

普通のヘッドで対応することができます。

 

ただ、その亜麻までは布団や布団カバーを引っ張って使いにくいので、水切りネットや、何個かのみかんを保護しているオレンジのネットや、ストッキングをかぶせてください。

 

 

そうすると、おどろくほど今までと違った感覚で掃除機をかけることができます。

 

がしかし、くっつくのはくっつきます。

それは、専用のヘッドや、専用の布団掃除機を使っても同じです。

 

布団に掃除機をかけるのが面倒だったリ、大変だったリ、時間がなかったりする場合は、ダニそのものをキャッチする、ダニシートを使ってみてはいかがでしょうか?

ダニシートランキング!効果が高い商品が判明しました

アトピー訴求