ハウスダストのアレルギー症状には、いったいどんな症状があるのでしょう?

気になりますよね。

 

ハウスダストのアレルギー症状は、部位によって異なります。

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • ムズムズ感

 

気管支

 

  • かゆみ
  • 充血
  • 目やに

 

皮膚

  • かゆみ
  • 赤い湿疹
  • じくじくした湿疹

 

という風になります。

 

熱などが出ることは、ほぼありません。

 

ハウスダストで皮膚アレルギー?

ハウスダストアレルギーと聞くと、鼻や呼吸器関係を思いつくかもしれませんが、皮膚もです。

アレルギー性皮膚炎の中の、アトピー性皮膚炎がそれにあたります。

 

重要ですから覚えておいてくださいね。

 

ハウスダストアレルギーは、できるかぎり専門医

専門医に診せることが、推奨されています。

 

理由はとても単純で、専門医がその道のプロだからです。

「0歳からのアレルギー予防がよくわかる本」の著者の、東京大学医学部付属病院のアレルギー科で勤務経験のある、医師で医学博士の関谷剛氏も、著書の中で書かれています。

 

「子どものアレルギーの全てがわかる本」の著者の、国立病院機構相模原病院臨床研究センターアレルギー性疾患研究部長を経て、国立研究開発法人国立成育医療研究センター 副研究所長の海老澤元宏氏も、著書の中で書かれています。

 

同じ小児科医でも、得意分野があります。

 

得意分野が違う

呼吸器が得意だったり、

循環器が得意だったり、

消化器が得意だったり、

アレルギーが得意だったり、

脳神経が得意だったり、

発達が得意だったり。

 

 

ですから、家から遠かったとしても、専門を受診する必要があるわけですね。

 

少し遠くてもアレルギー科にかかるべき

近くのクリニックや病院でも大丈夫なのかもしれませんが、アレルギーは付き合っていかなくてはいけない病気なので、子供のことを考えると、少し遠くてもかかるべきだと私は思います。

 

ピンポイントのアドバイスをしてくださる医師と、それなりのアドバイスをしてくださる医師。

どっちがいいですか?

 

もちろん、前者がいいですよね。

 

あなたは、「小児科医は、自分の専門じゃなかったら、違う病院や医師を紹介してくれるんじゃないの?」と、思われるかもしれません。

 

が、医師はプライドが高い人が多いです(笑)

 

紹介はほぼほぼしてもらえない

もちろん中には、積極的に専門を勧めて下さる医師もいらっしゃいますが、アレルギーが専門ではない小児科医が、アレルギー専門の紹介を紹介するというのは、ほぼありえません。

 

なぜなら、同じ小児科医としてのプライドがあるからです。

 

 

アレルギーに強い医師かどうかを選ぶポイントは、専門医かどうか。

 

出来れば専門医がいるところがいい

一般社団法人日本アレルギー学会』で、調べることができますよ。

 

ちなみにですが、私は宮崎県に住んでいます。

 

検索した結果がこちら。

専門医のいる小児科は、3ヶ所あることが分かるかと思います。

 

余談ですが、むかって一番左側にマークがついている医師は、専門医のさらに上の指導医です。

専門医に教えるレベルの、優れた知識を持たれている医師ということになります。

 

あなたのお住まいの地域で検索をして、できるかぎり専門医を受診されてくださいね。

 

⇒日本アレルギー学会で調べることができますよ

 

色々なことを、教えてくださいますよ。

 

掃除は必須

ハウスダストアレルギーを起こさないようにするには、とにかく掃除が重要です。

そのあたりにつきましては、こちらのページを参照していただければと思います。

 

⇒ハウスダストが多い場所と掃除の仕方

アトピー訴求