ハウスダストアレルギーの原因って何なんだろう…。

なんでこんなことになってしまったのだろう…。

 

そんな風に悩みながら、困って色々と調べていらっしゃるのだと思います。

 

ハウスダストアレルギーの原因は3つあります

ハウスダストアレルギーの原因

ハウスダストアレルギーの原因は3つ。

  • 部屋が汚い
  • 子供がアレルギーになりやすい体質だった
  • 乾燥肌もしくは肌があれていた

 

部屋が汚い

部屋の掃除をしていないと、ダニ、ダニの死骸、ダニの糞、カビ、花粉、などがそのままになります。

これでは、厳しい書き方になりますが、ハウスダストアレルギーになってくださいと言っているようなもんです。

アレルギーは、許容範囲を超えた時に出現します。

 

許容範囲を超えないようにするためには、徹底して掃除をするしかありません。

掃除をしているのに子供がハウスダストアレルギーになってしまった

この場合に考えられるのは、掃除の仕方がまずいということですね。

こちらに掃除の仕方については詳しく書いていますので、一度、確認をされてみて下さると幸いです。

 

子供がなりやすい体質だった

子供がなりやすい体質だった。

同じ環境で過ごしていても、ならない子はならないし、なる子はなります。

ただ、その体質だったとしても、部屋がキレイであれば問題ないんですよね。

 

 

問題ないと書くとあまりにも偏りすぎかもしれませんが、それくらいのレベルで発症しにくいんです。

 

だって、現にですよ?

 

アレルギーと診断され他後に部屋の掃除を毎日気をつけてすると、ハウスダストアレルギーのデータは改善するんです。

 

体質はもちろんあるのですが、結局は、掃除が甘かったってことになるんですよね。

 

乾燥肌もしくは肌があれていた

実はアレルギーは、最近になって皮膚から侵入して発症するということが分かってきました。

これを、経皮感作といいます。

以前からカサカサ肌のことはアトピックスキンといわれてきました。

今まではアレルギーがあって、皮膚が荒れる(炎症がおこる)と思われがちでしたが、最近では先にカサカサ肌があって、そのバリア機能の弱くなった肌を介して、アレルギーがおこることがわかってきております。

先にアレルギーがあるから皮膚が荒れるのではなく、先に皮膚が荒れているからアレルギーになるということです。

皮膚からアレルギーの原因となるものが入ってアレルギーになることを経皮感作といいます。

引用元:https://www.ohashi-hifuka.com/column.htm

ですから、保湿をしっかりとしてあげることが大切になってきます。

 

肌荒れを起こしていない、乾燥肌じゃないと思っても、ハウスダストアレルギーが出ているということは、相じゃない可能性が高いです。

素人の目には普通に見えても、医師の目から見ると乾燥して荒れていることもありますから。

 

現に、うちの娘の場合、普通の肌だと思っていたら乾燥しているという指摘を、アレルギー専門医の医師から受けました。

 

 

まとめ

ハウスダストアレルギーになる原因は、大きく3つあります。

その中で、1つは遺伝的というか体質的なものなのでどうしようもできませんが、残り2つは、親のあなたが対応できます。

ハウスダストアレルギーが悪化しないように、もしくは軽減するように対策を講じてくださいね。

 

掃除の仕方が、肌荒れに対する考え方については、別のページに書きました。

参考になれば幸いです。

ハウスダストが多い場所と掃除の仕方のポイント!

子供の乾燥肌には保湿!気をつけていただきたい3つのポイント

ハウスダストが軽快することを、切に願います。

アトピー訴求