子供が乾燥肌でかきむしり

子供の笑顔が見たいのに、乾燥肌でかきむしりが多いと、せつなくなってしまいますよね。

ときに、爪の中に皮膚が入ってしまうくらい回かきむしることや、最悪な場合、出血するほどかきむしる。

 

どうにかしてあげたいと、心底思われるのではないでしょうか?

 

最善の方法は皮膚科に行くこと

最善の対策は皮膚科に行くことなのですが、なかなか、足を運べないことってありますよね。

そこまでする必要があるのかなと思ったり。

でも、皮膚科に行ける状況であるのなら行ったほうが良いですよ。

 

 

なぜなら、的確な診察をして、保湿剤などのクリームやローションを処方してくれるからです。

 

ちょっとうちの娘の話を…

うちの娘はダニアレルギーとハウスダストアレルギーがあって、アレルギー専門医に診てもらっているのですが、そこで指摘されたのが乾燥。

 

乾燥して肌のバリア機能が弱まると、そこから、アレルゲンとなる物質がどんどん入ってきて、それが許容範囲を超えた場合に、アレルギー症状として出てしまう。

 

ただの乾燥と思っていると、あなたのお子様も、何らかのアレルギー症状が出てしまうかもしれません。

あくまでも予想でしかないのですが、肌トラブルが起きている以上、その可能性は否めないんですよね。

 

アレルギー専門医に診てもらっていると、とにかく保湿のことを言われます。

乾燥は肌のバリア機能が低下させるので、良い事は一つもありません。

 

一に保湿、二に保湿です!

 

お前、保湿保湿うるさいけど、どうやって保湿するんだ?

そんな風に思われますよね。

 

うちの娘は、小児科アレルギークリニックで処方された、ヒルドイドとパスタロンのmixを塗ったり、あまりべた付くときには、ヒルドイドのローションを保湿として塗っていました。

でも、段々効果がなくなってきたんです。

状況をアレルギー専門医に話すと、セラミドという成分がいいということを教えていただきました。

 

お子様のためには、皮膚科に行かれることを望みますが、「ひとまず保湿剤で様子を見て、それでもダメなら考える」という場合には、お役にたてるかもしれません。

子供の乾燥肌におすすめのクリームを紹介いたします

あなたのお子様のかきむしりが、軽減(できれば消失)することを切に願います。

アトピー訴求