子供の乾燥肌が悪化してしまった…。

どうすれば改善するのだろう…。

何かいい対策は無いかな…。

 

そんな風に思い、一生懸命に調べていらっしゃると思います。

 

子供の乾燥肌が悪化したときにはエビデンスに基づいた対策を

子供の乾燥肌は体質改善

エビデンスに基づいた対策とは、医薬品を使ってみるということになります。

 

医薬品は国が効果を認めている

今使っている保湿剤を中止して、薬局やドラッグストアで購入できる医薬品に替えると、悪化した子供の乾燥肌が改善する可能性が高いです。

 

 

なぜ高いと断言できるかというと、医薬品だから。

医薬品とは、国がエビデンスにより効果を認めているということなんですよね。

そうでなければ、医薬品として承認されませんから。

 

化粧品や医薬部外品とは、別物レベルなんです。

 

ドラッグストアや薬局で買えて病院やクリニックでも処方される2つの医薬品

以下の2つが該当いたします。

 

・ワセリン(プロペト)

・ヘパリン類似物

 

正直なところ、世の中にはたくさん保湿剤がありますが、あくまでも化粧品だったリ、医薬部外品だったりするんですよね。

医薬部外品も緩やかな効果を国が認めてはいるのですが、やっぱり医薬品にはかないません。

 

子供の乾燥肌が悪化しているのであれば、エビデンスがあるからこそ承認される、『医薬品』へ、シフトチェンジするのがベターかなって思います。

 

エビデンスに基づいた医薬品を塗っても悪化するのであれば皮膚科で診察を受けてください

正直、これがベストです。

自己判断で行っても、いい結果にならないことってあります。

ですから、できる限り皮膚科で診察を受けてください。

 

まとめ

子供の乾燥肌が悪化したのでしたら、今使っている保湿剤はやめて、国が効果を認めている医薬品を使ってみてください。

劇的に改善する可能性が、とても高いです。

 

2週間くらい塗っても変わらないのであれば、何らかの病気や、それらの医薬品が肌に合っていない可能性もありますので、皮膚科で診察を受けるのが子供にとってベストだと思います。

 

ちなみにですが、うちの娘は今、エビデンスでトップレベルにある成分のセラミドを使い、ワセリン(プロペト)やヘパリン類似物でも改善しなかった、乾燥肌とかゆみが治まっています。

 

あなたのお子様が、上記の方法をでも乾燥肌が悪化するようでしたら、試してみるのもいいかもしれません。

 

⇒子供が乾燥肌でかゆいときのおすすめはずばりこれ!エビデンスあり

 

あなたのお子様の乾燥肌の悪化がおさまり、寛解することを、心から願っております。

アトピー訴求