子供が乾燥肌だから、保湿剤を使おうと思って、「どれがいいのだろう?」と、一生懸命に調べていらっしゃるのだと思います。

本来なら『皮膚科』で診察をしてもらうのが一番なのですが、お仕事などの都合で、連れて行くことができなかったりしますよね。

 

では、子供の乾燥肌に保湿剤を選ぶ時、どれにすればいいのでしょうか?

 

子供の乾燥肌に使う保湿剤はずばりこれ!

子供の乾燥肌に使う保湿剤

皮膚科で処方されるのは、プロペトとヘパリン類似物質とセラミドです。

プロペトとヘパリン類似物質は医薬品で、ドラッグストアや薬局、ネット通販で購入することが可能。

セラミドは医薬品ではありませんが、エビデンスに基づき、1番効果があるといわれている成分になります。

 

世の中には保湿剤が膨大にありますが、クリニックや病院で取り扱われているのは、プロペトとヘパリン類似物質なので、この保湿剤を使わないというのは考えられません。

 

 

プロペト

もしも、ドラッグストアや薬局に売っていない時には、ワセリンを調べてみてください。

ワセリンの不純物を取り除いたものがプロペトなのですが、置いていない、ドラッグストアや薬局もありますので、その場合はワセリンで代用してくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロペトホーム 100g
価格:860円(税込、送料別) (2017/9/8時点)

 

ヘパリン類似物質

こちらは「ヘパリン類似物質」というネーミングの医薬品ではないので、見つけにくいかもしれません。

医薬品コーナーの、皮膚を取り扱っている棚などに置いてあるのですが…。

聞くのが億劫だったり恥ずかしかったりしないのであれば、薬剤師が必ずいますので、「ヘパリン類似物質はどこですか?」と聞いてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピアソンHPクリーム(50g)【第2類医薬品】
価格:1180円(税込、送料無料) (2017/9/8時点)

 

それでも子供の乾燥肌が治らないとき

この場合は、アトピーなどの病気も疑われます。

そのさいは、他の保湿剤を使うよりも、皮膚科で診察を受けて、適切な治療をするべきなのではと思います。

 

通院は確かに面倒だし大変ですが、子供のためだと思って頑張ってくださいね。

 

どうしても診察に行けないし、プロペトやヘパリン類似物質もダメだった場合

この場合は、医薬品ではありませんが、エビデンスに基づいた成分があります。

それを、試してみるといいかもしれませんね。

その成分はセラミド。

 

セラミドについてのエビデンス等につきましては、別のページに詳しく書いています。

 

⇒子供の乾燥肌にセラミド?実は一番効果があるとのエビデンスあり

 

それでもダメなら

もう、自分で出来ることは無いと思います。

皮膚科で診察を受けて、子供のために、適切な乾燥肌治療を行なってくださいね。

 

まとめ

子供の乾燥肌にベストな保湿剤は、プロペト(ワセリン)とヘパリン類似物質。

これらは、クリニックや病院で、保湿の第一、第二選択肢とされています。

 

うちの娘も、処方していただいています。

皮膚科で診察を受けなくても、ドラッグストアや薬局で購入することは可能です。

 

ただし、確実なのはやっぱり皮膚科で診察を受けることだと思います。

「乾燥肌ぐらいで…」とは決して思わないでくださいね。

乾燥肌は、アレルギーを引き起こしかねない重大な状況ですから。

 

上記の2つで改善が見られない場合、セラミドというエビデンスに基づいた成分があります。

いま、うちの娘はそれを使っています。

 

⇒子供の乾燥肌にセラミド?実は一番効果があるとのエビデンスあり

 

アトピー訴求