乾燥肌でかゆいときに、これがおすすめっていうのがあるんだろうか…。

そんなのがあれば使ってみたい。

なぜなら、少しでも、かゆみが軽減してほしいから…。

 

そんな風に、あなたは思っていらっしゃると思います。

 

乾燥肌でかゆいときのクリームやローションのおすすめ!

それは、エビデンスに基づいた情報がある成分を、使うということではないでしょうか。

 

エビデンスに基づいた成分はセラミド

セラミドは医薬品ではないのですが、エビデンスに基づき、大学教授が認めている成分になります。

これ、まじすごいですよ。

 

大変申し訳ないのですが、詳しいことは別のページに書いています。

 

⇒子供の乾燥肌にセラミド?実は一番効果があるとのエビデンスあり

 

なぜセラミドなのかをサクッと説明

上記のページに詳しく書いてありますので、詳細は割愛させていただきますが、セラミドは保湿No.1の称号を受けていると言っても過言ではありません。

 

皮膚科や小児科やアレルギー科で、乾燥肌と診断された場合、処方されるのはプロペト(ワセリン)やヒルドイド(ヘパリン類似物質)なのですが、セラミドは、それ以上の効果があるというエビデンスがあるから。

 

 

ちなみに、うちの娘が乾燥肌だと診断され、処方された薬がこれ。

このように、処方された薬よりも効果があると証明されているのがセラミドなんです。

 

セラミドを使わない理由が見つからない

となると、なぜ、セラミドを使わないんだろうということになるんですよね。

子供が乾燥肌でかゆいときに、いろんな保湿剤を使ってかゆみが軽減しないのであれば、エビデンスによりNo.1といわれているセラミドを、最低でも一度は試すといいのではないでしょうか。

 

娘はセラミドを使って乾燥肌が改善しかゆみもゼロへ

最初はクリニックで処方されたプロペトやヒルドイドでかゆみは軽減していたのですが、だんだん、塗ってもかゆみを訴えてくるようになったんです。

そこで、セラミドを使った結果、クリニックで専門医が驚くくらい乾燥肌が改善し、かゆみも全く出なくなっています。

 

 

娘はアレルギー性鼻炎があるので、内服はクリニックで処方してもらっていますが、軟膏系の薬は、今は一切出してもらっていません。

 

まとめ

子供が乾燥肌でかゆい。

それを打破するためには保湿。

出来れば皮膚科や小児科を受診して、皮膚の状態を把握してもらうのが、いちばんだと思います。

 

乾燥肌だけではなく、炎症などを、もしかしたら起こしているかもしれませんから。

 

かゆみが軽減(消失)しないのであれば、エビデンスに基づいたセラミドを、一度は試してみられるといいと思います。

 

セラミドをはじめとした、乾燥肌に効くとされているクリーム(軟膏)については、別のページでもう少し詳しく書いています。

 

⇒子供の乾燥肌に効くとされている4つのクリーム

 

あなたのお子様の乾燥肌が、少しでも改善することを切に願っています。

アトピー訴求