子供の乾燥肌を治療し、治すためには、皮膚科に通うしかないと思います。

できれば、皮膚科専門医がいらっしゃるところがいいですね。

 

⇒皮膚科専門医がいる病院やクリニックを調べる

 

なぜ通うしかないと思うのか

 

理由はとても単純で、皮膚の状態が素人には分からないからです。

その状態でいくらドラッグストアや通販で購入した保湿剤を塗ったとしても、どの程度の効果があるのかが分かりません。

 

 

もしかしたら、軽い炎症を起こしていて、それが乾燥につながっているかもしれません。

そこらあたりの判断が、やはり、医師じゃないと難しいと思うんですよね。

 

それに、保湿剤を使ったとして、今の状態と、今後の状態を比較したとき、どの程度改善しているかというのも、素人には判断が難しいじゃないですか?

ということは、その保湿剤が子供にあっているかどうかというのが分からないわけです。

 

皮膚科で処方される薬は薬局(ドラッグストア)でも買える

実は、保湿用の薬は普通に買えるんですよね。

 

 

皮膚科で処方されるのは、だいたいこんな感じですね。

この中の、プロペト、ヒルドイドローションはHPクリームなどとしてドラッグストアで買えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】 プロペトホーム 100g ゆうメール送料80円
価格:860円(税込、送料別) (2017/8/18時点)

 

 

ステロイド系は難しいので買わないほうがいいですし、そもそも、塗っていいのかどうかの判断も難しいので買わないほうが賢明かなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第(2)類医薬品】フルコートf(5g)
価格:844円(税込、送料別) (2017/8/18時点)

 

ですから、もしも皮膚科での診察ができないのであれば、この2つを試してみるといいと思います。

それでも乾燥肌が改善しないようであれば、炎症を起こしている可能性も否定できませんので、治療のために皮膚科で診察していただくことを強く切望します。

 

うちの娘は徐々に効果を感じなくなってきた

最初の頃は調子が良かったのですが、ヒルドイドとワセリンの効果が弱まってきたんですよね。

乾燥によるかゆみを、訴えるようになってきたんです。

 

 

もしかしたら季節的なものなのかなと思っていたのですが、季節が変わっても治まることは無く。

毎日のように、背中やお腹のかゆみを訴えてきたんです。

 

アレルギー専門医に相談する

うちの娘は鼻づまり(アレルギー性鼻炎)、ダニアレルギー、ハウスダストアレルギーがあるため、皮膚科ではなくアレルギー科にかかっています。

 

そこで、薬の効果が弱くなってきたことを伝えると、『薬ではないけど「セラミド」という成分が、肌に良い』ということを教えていただけました。

 

 

アレルギー専門医が言うのだから間違いないと思いましたが、一応、念のためネットで調べると、ワセリンよりもヒルドイド(ヘパリン類似物)よりも、高い効果が期待できるというエビデンスを発見!

 

これは使うしかないと思いましたね。

 

まとめ

子供の乾燥肌を治療するためには、皮膚科で軟膏を処方してもらうか、薬局でワセリンやHPクリームを購入する必要があります。

 

確実なのは、やはり、皮膚科専門医がいる病院やクリニックで、診察をしていただくことだと思います。

 

うちの娘は、今はセラミドを使い、とても落ち着いています。

 

セラミドについての詳細は、別のページに書いていますので、お時間があるときには読んでいただければ幸いです。

 

⇒子供の乾燥肌にセラミド?実は一番効果があるとのエビデンスあり

アトピー訴求