子供が乾燥肌なので、薬局で何かいい保湿剤や軟膏などはないかなと思っていらっしゃると思います。

子供の肌って潤ってるイメージなのに、乾燥していたら、本当に可愛そうですよね。

プニプニでサラサラでツヤツヤな肌に、絶対なってもらいましょうね!

 

薬局で買える国が効果を認めている薬とは

以下の2つがあります。

 

ワセリン(プロペト)

子供が乾燥肌だから薬局へ足を運び、まず購入するべきはワセリン(プロペト)になります。

保湿効果は抜群で、エビデンスもあります。

ただ、ベタベタしやすいのが難点ですね。

安価で保湿効果は抜群なのですが、顔や手に塗るとベタベタして使い勝手は悪いです(汗)

 

ヘパリン類似物

そして、ヘパリン類似物。

保湿効果は抜群で、乾燥肌の第一選択薬と言っても過言ではありません。

使い勝手も最初はべた付きますが、なじんでくるので申し分ありません!

 

薬局で見つける場合、置いてある場所が分かりにくいと思いますので、薬剤師に聞いちゃいましょう。

探していると、どこにあるのか分からなくて、だんだんイライラしてきます(笑)

ネットだと、イライラせずにすぐ買えるんですけどね(笑)

 

なぜこの2つは国が認めていると言えるのか

それは、医薬品だからです。

医薬品とは、国が効果を求めている証拠になります。

効果のデータがないものは、医薬品として承認されません。

 

医薬部外品や化粧品とは、別物と考えていただいてもいいかと思います。

 

他に何かないの?

薬局で購入できて、医薬品を使っても乾燥肌に変化がなかった場合、それ以上の保湿剤は無いのかなって思ったりされるかもしれません。

 

実はないこともないというか、医薬品ではないのですが、エビデンスに基づいた成分というのが存在するんです。

これは、多くの大学教授が認めている成分で、うちはこれを使っています。

 

もともと、娘もクリニックでプロペトとワセリン類似物(ヒルドイド系)を処方してもらっていたんですよね。

最初の頃はいい感じだったのですが、だんだんかゆみを訴える回数が増えてきて…。

 

そんな時に専門医の先生から、「薬ではないのですが…。」との前置きのあとに、「こんな成分もありますよ」と教えていただいたのがセラミドだったんです。

 

専門医の先生のおかげで、今は、娘は2人ともかゆみを訴えませんし乾燥もしていません。

1ヶ月に1回の受診をしているのですが、いつも、皮膚は問題なしという評価を得ています。

 

 

まとめ

子供が乾燥肌のとき、薬局で購入するべきは、ワセリン(プロペト)とヘパリン類似物。

ヘパリン類似物を塗った後に、上から保護するようにワセリン(プロペト)を塗ると一層効果的ですが、べた付きが気になる場合がありますので、注意してください。

 

また、布団などに付きやすいというのも、ワセリン(プロペト)のデメリットだと感じます。

 

もしも、上記2つの医薬品で効果がない場合は、専門医が教えてくれたセラミドを使われてみると、娘達のようにツヤツヤでスベスベでプニプニの肌を手に入れることができるのではと思います。

 

セラミドについての詳細は、別のページに書いています。

 

⇒子供の乾燥肌にセラミド?実は一番効果があるとのエビデンスあり

 

あなたのお子様の乾燥肌が少しでも軽減(できるなら消失)することを、心から願っております。

アトピー訴求