子供が乾燥肌。

お風呂に注意したほうがいいと、私は切実に思います。

なぜなら、うちの娘は、お風呂の入り方を間違っていて、なかなか乾燥肌が改善されなかったから。

 

間違いだらけのお風呂!こんな風にしていませんか?

子供の乾燥肌はお風呂に注意

熱いお風呂に入る

温度が高いと、皮脂を必要以上に奪います。

冬場は寒いかもしれませんが、できるかぎり、38~39℃にしてください。

 

長く入る

長く入ると、皮脂をどんどん奪っていきます。

長くても5分くらい。

 

毎日入る

これは賛否両論あると思いますが、2日に1回程度でOK。

でも汗かいたりしたら、やっぱ、毎日入りたいですよね(笑)

子供は、汗っかきだから。

 

石鹸やボディソープで洗う

乾燥肌の場合は皮脂を残すために、石鹸やボディソープを使わずにお湯だけで洗うのがベターなようです。

「えっ!?」と思われますよね。

私も思います(笑)

 

 

ボディタオルで洗う

ボディタオルなんかは使いません。

手で洗うだけです。

湯船に浸かりながら、気になる部分を軽く撫でるだけ。

 

これらは医師が発信している情報

これらの情報は、医師が発信している確かな情報になります。

参考にした記事は、以下のURLになります。

池田式入浴:https://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20140605/dct1406050830002-n1.htm

やってはいけない入浴法:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO08025880V01C16A0000000?channel=DF140920160919

「洗いすぎない」スキンケア術:https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK2100I_R20C14A1000000/

 

お風呂上りもとても大切

お風呂上りは、水分がどんどん蒸発してしまいます。

ですからすばやく拭き取って、素早く保湿剤を塗ってあげてくださいね。

 

お風呂の入り方と、お風呂上りの保湿で、子供の乾燥肌はある程度軽減されると思います。

 

子供の乾燥肌が気になるときには皮膚科受診を

自己判断で、薬局やドラッグストアで保湿剤を買って対策するよりも、皮膚科(できれば専門医がいる皮膚科)で診察をして、軟膏系の薬を処方してもらうのがベターかなと思います。

 

なぜなら、肌の状態に応じたものを処方してくださいますし、アドバイスがもらえたりもしますから。

ネットで情報収集も確かにできますが、間近で効くプロの意見というのは、とても貴重です。

 

ちなみに、娘は乾燥肌と言われ、こんなにたくさんの薬が出されました(汗)

 

だがしかし…効果がなくなってきた

最初はいい感じだったのですが、だんだんと、効果が薄くなってきました。

 

医師に相談すると、病院で処方できるのは、これが限界だということ。

特に、プロペト(ワセリン)とヒルドイド(ヘパリン類似物質)は効果が高いとのこと。

 

 

しかし、このような話もしてくださいました。

 

セラミドについて

病院で処方はされないけど(医薬品として取り扱われているセラミドってないから)、セラミドという保湿成分があることを教えていただきました。

 

ネットでいろいろと調べると、かなりすごい!ってことが分かったんです。

さすが、専門医(笑)

 

⇒セラミドについての詳しい情報はこちらに書いています

 

まとめ

乾燥肌の子供がお風呂に入るとき、気をつけるべきポイントが5つあります。

汚いと思われるかもしれませんが、あまり、躍起になって洗いすぎないということが重要なので、気をつけてくださいね。

 

乾燥肌を自己判断するのではなく、できれば皮膚科で診察を受けるべきだと思います。

なぜなら、乾燥肌は、経皮感作を促進してしまうから。

⇒経皮感作って何?

アトピー訴求