ダニが多い場所

ダニアレルギー対策の基本ともいえるのが、発生場所、時期や季節はいつが多いのかを知ることだと言えます。

 

なぜなら、どこを念入りに掃除すればいいのか分からないし、どう対処すればいいのかが分からないからですね。

 

やみくもに、事を勧めても仕方がありません。

まずは、相手を知ることが基本です!

 

では、順に説明をしていきますね。

 

ダニの多い発生場所

国立病院機構相模原病院調べでは、以下の通りになっております。

ダニが多い発生場所は

  • 布団
  • カーペット(絨毯)
  • ソファー
  • ぬいぐるみ
  • 押入れ
  • カーテン
  • 家具の裏

 

ダニ多い場所トップ3

神奈川県衛生研究所調べによると、以下のようになっています。

 

 

敷き布団

絨毯(カーペット)

 

が、トップ3だということが分かります。

 

ダニ対策として、この3ヶ所は重要ポイントになりますね。

 

ちょっとびっくりしたのは、畳や絨毯(カーペット)は、表面にも結構な量のダニがいるということです。

毛布などよりも、全然多いという…。

 

最悪な組み合わせがある

余談ですが、畳の上と絨毯(カーペット)の組み合わせもまずいです。

ダスキンアイムスによると以下の通り。

最悪と表記してあります。

 

ダニが多い時期や季節

ドクタートラスト調べによると、以下の通りになっております。

チリダニというのが、アレルギー源になるダニ。

チリダニは

ヤケヒョウヒダニ

コナヒョウヒダニ

のことです。

ダニアレルギーの検査で陽性が出た子供は、このどちらかか、どちらともをチェックしています。

 

ダニが増える時期

上の画像をご覧いただくと分かりますが、ダニが増える時期や季節は6月~10月。

 

気を付ける期間は長い!

注意していただきたいのは、ダニが増える時期の対策もですが、死滅したあとも大切。

なぜなら、ダニアレルギーの原因は、生きているダニではなくて、ダニの死骸や糞が原因だから。

*死んだダニと糞がアレルギーの原因であることは、阪南医療生協診療所所長である「眞鍋穣」氏の著書、「そうなんだ!アレルギー」、京都大学医学部臨床教授である「南部光彦」氏の著書、「アレルギーから子どもを守る」をはじめとする書籍に書かれていて、研究結果で明らかになっています。

 

ということは、6月~10月にダニが増えて糞が増え、2~3ヵ月で死滅するわけですから、6月~1月くらいの間は、ダニアレルギーが発症しやすいということになりますよね。

 

そしてさらに書かせていただけば、それ以外の時期も数は少なくなるけど、ダニが0になるということはありません。

 

NEWSポストセブンに、このような記事があります。

活躍するのはダニが大量発生する梅雨や夏だけと思いきや、最近は住宅の高気密・高断熱化が進み、冬でもダニが繁殖しやすい。

 

困り果ててしまいますよね。

 

では、どのようにダニ対策をすればいいのでしょう?

そのあたりを書こうと思ったら、とても長くなったので、こちらのページに分割いたしました。

ダニ対策まとめ!掃除をするポイントを細かく紹介します

少しでも、あなたのお子様のダニ対策に役立てれば幸いです。

アトピー訴求