ダニは、家の中のどこにでもいるのかな?

ある決まった場所にだけいるのかな?

 

と疑問を持たれていると思います。

 

ダニは家の中のどこにでもいる

ダニはどこにいる?

非常に残念ですが、多かれ少なかれ、ダニは家の中のあちこちにいます。

廊下や、バスマットや、玄関マット、ソファ、ホコリの中、ぬいぐるみ、じゅうたん、たたみ、布団、毛布、こたつ布団、カーテンなどなど、本当にあらゆるところにいます。

 

ダニが特に多い場所

  • 敷き布団
  • 布製のソファ
  • じゅうたん
  • たたみ

時間がない場合は、ここだけを重点的にやってもOKかなって思います。

 

ダニが多い場所が分かったら対策を練る

ダニはどこにでもいるということが分かりましたので、あとは対策を練るだけかと思います。

ダニの対策には、3つの方法があると言えます。

 

吸い取る

基本中の基本ですね。

出きれば、毎日掃除機をかけるようにしましょう。

布団は一番ダニが多い場所ですので、特に念入りにかけてくださいね。

 

専用のノズルと使うと、普通のノズルよりは楽に吸い取ることができますよ。

 

【布団用のノズル】

 

私は持っていませんが、じゅうたんも専用のノズルもあります。

 

毎日掃除機をかけるのは大変かもしれませんが、ダニアレルギーには必須の作業になりますので、とにかく頑張ってくださいね。

 

基本は毎日、部屋全体と、ダニの多い場所を掃除機で吸い取ります。

 

洗い流す

ご存知かもしれませんが、ダニアレルギーは、生きているダニが原因で起こるわけではありません。

死んだダニ、ダニの糞が原因で、発症してしまうんですよね。

このダニの糞と死骸は、洗い流すことが可能なんですよ。

 

 

ですから、毛布やこたつ布団やバスマットなど、洗えるものは1週間~2週間に1回くらい洗うといいですね。

カーテンも、2ヵ月に1回くらいは洗ったほうがいいですね。

 

おびき寄せる

ダニ捕りシートなどを用いて、おびきよせて、一網打尽にします。

忌避剤とは異なり、ダニを捕まえてくれるんですよ。

 

忌避剤は、ダニをそこに寄せ付けないだけなので、結果的に室内にはダニがいることになりますよね。

無意味とまでは言いませんが、あまりメリットがないような気がするんです。

忌避剤の成分も気になりますし。

その点、ダニ捕りシートは違います。

先ほども少し書きましたが、ダニが好きなニオイでおびき寄せ、捕まえてくれます。

ということは、ダニがどんどん少なくなるということになります。

 

まとめ

ダニはどこにでもいる。

ですから、しっかりと対策を練ることが必要だと思います。

簡単なのに効果的な対策が3つありますので、ぜひ、実践してみてくださいね。

 

特にダニ捕りシートは、ただ置いておくだけですので、ものすごく簡単です(笑)

ダニ捕りシートにも種類がありますので、私なりのランキングを作成してみました。

 

⇒ダニ捕りシートランキング!効果が高い商品が判明しました

 

少しでも、お子様のダニアレルギー対策に役立てれば幸いです。

アトピー訴求