防ダニ布団で洗えるの

 

ダニアレルギーによる皮膚のかゆみ。

なかなか治まってくれずに、困っているのではないでしょうか?

 

皮膚のかゆみを改善するための対策

対策として保湿と掃除が重要になってきます。

 

保湿

皮膚のかゆみが出るのは、ドライスキンと呼ばれる状態。

正常な皮膚の表皮は、水分と油分(皮脂)によって外部からの異物が侵入するのを防ぐバリア機能を果たしています。
しかし、ドライスキンでは、皮膚の表面から水分や油分が失われ、外からの刺激に無防備な状態になっています。
つまり、ちょっとした刺激に対しても敏感に反応し、かゆみをもたらしてしまいます。

引用元:https://www.kyowa-kirin.co.jp/kayumi/about/construction.html

ダニアレルギーだと、ダニアレルゲンが、乾燥肌の場合にはどんどん中へ侵入してきます。

結果、症状の一つである、かゆみが出てしまうわけですね。

 

侵入を防ぐためには、バリア機能を上昇させる必要が出てきます。

バリア機能は肌が整っているかどうかにかかわっているわけですから、必然的に保湿が重要ということになるわけです。

 

保湿をすると、肌はきめ細かくなりますから。

子供の乾燥肌を保湿したい!市販されていて効果的なものはずばり2つ

 

掃除

ダニがいるからダニアレルギーの症状が出るわけですから、原因がいなくなれば当然症状が出ることはありません。

 

そのために必要不可欠なのが掃除。

やるべきことは1つ。

とにかく掃除機をかけることです。

 

 

ダニが一番多くいる場所は敷き布団なのでそこを対策

敷き布団には、1回/2日の掃除機をかけると、かなり効果的です。

かけた当日はそこまでの大きな変化を感じないかもしれませんが、2週間、1ヶ月とがんばると、その効果が顕著に出てきます。

 

 

保湿効果も相まってだと思うのですが、肌のかゆみというのは、本当に減ってくるんですよね。

 

布団だけでもかなりの効果があるのですが、一緒にやってほしいのが、室内の掃除機がけ。

これは、できれば、本当にできればでいいのですが毎日。

最低でも1回/3~4日はかけてください。

 

そうすることにより、足の裏や体に付いたダニアレルゲンを、寝室へ運ぶことが少なくなります。

 

一生懸命布団を掃除しても、周りにダニアレルゲンがあれば、それは舞い上がって、お子様の肌に付着してかゆみを発症する可能性が高くなります。

 

少しでも軽減するために、できるだけ室内全体にも、掃除機をかけてくださいね。

 

布団への掃除機のかけ方については、こちらのページに詳しく書いております。

布団の掃除機のかけ方!ダニやハウスダストを徹底的に取り除く方法

 

まとめ

ダニアレルギーによる皮膚のかゆみを軽減するためには、2つの方向からのアプローチがあります。

これだけで、かなり改善されますので、できる限り頑張ってくださいね。

 

あなたのお子様のダニアレルギーによる肌のかゆみが、軽減し、最終的には消失することを切に願います。

スポンサードリンク