子供がダニアレルギー。

日中は何もないのに、寝る前になると咳がひどくなり、苦しそうにするときもある。

ベッドマットが固めなので、その上に布団を敷いて寝ているのがいけないのかな…。

 

そんな風に思っていらっしゃるのではないでしょうか?

 

ダニアレルギー対策の基本は布団

ダニアレルギーで咳が出る時の対策

寝る前に咳が出るということは、布団の中にあるダニアレルギーのアレルゲンになる、ダニの死骸やフンが原因で、咳が出ている可能性が非常に高いです。

 

 

出来るかぎりでいいのですが、布団は敷かないほうが無難です。

 

どうしても布団を敷きたい場合には

先ほども書きましたが、布団の中にはダニが多い。

一番多い場所とさえ、言われているんですよね。

引用元:https://www.eiken.pref.kanagawa.jp/001_event/0104_exhibition/files/H18/dani.pdf

ですから、しっかりと対策をしなければなりません。

 

布団の対策のしかた

掃除機で吸い取る

一番オーソドックスな方法は、掃除機で吸い取るですね。

吸い取り方については、別のページに詳しく書いています。

布団の掃除機のかけ方!ダニやハウスダストを徹底的に取り除く方法

 

ダニを捕獲するためのシートを使う

あまり知られていませんが、多くのダニシートが発売されています。

ドラッグストアや薬局にも、普通に置いてあります。

 

が、薬局やドラッグストアのダニシートは、第三者機関のデータがありませんので、きちんとダニが取れているかどうか判断ができません。

 

 

アレルギーの原因になるダニは、目には見えませんから。

ですから、第三者機関のデータがあり、簡単に購入できるものを、私なりにランキングにしてみました。

ダニシートランキング!効果が高い商品が判明しました

 

防ダニの布団カバーを使う

布団の中へのダニの侵入を防ぐための、布団カバーです。

こちらも色々と種類がありますので、私なりに調べて、日本製で優れたものだけを厳選してみました。

防ダニの布団カバー比較!子どもにぴったりなのはこれだ

 

防ダニ布団を使う

これが究極の方法ですね。

出来れば洗えるものが、ベターかなと思います。

なぜなら、表面にはハウスダストやダニアレルゲンがあるから、定期的に洗ったほうがキレイなんですよね。

 

「布団カバーをすればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、防ダニの布団カバーでなければ、そのカバーにダニアレルゲンが存在してしまいますよね。

 

ですから、これも厳選して日本製の3つを選んでみました。

防ダニ布団で洗えるものを3つ紹介!これであなたの悩みも解決

 

まとめ

子供がダニアレルギーで咳が出る時には、ベッドの場合は布団を止めたほうがいいと思います。

マットレスとの差は、一目瞭然ですから。

どうしても布団が使いたい場合には、しっかりとダニ対策をしてくださいね。

 

最後に、我が家の娘2人が実践しているダニアレルギー対策を紹介させてもらいますね。

子供のダニアレルギー対策!我が家で行っている5つのこと

あなたのお子様の咳が、少しでも治まることを切に願います。

アトピー訴求