ダニはどこにいる

ダニはどこにいるのか気になりますよね。

なぜなら、どこにいるか分からないと対策が出来ないからだと思います。

ダニがどこに多いのかが分かれば、そこをピンポイントで掃除すれば、アレルギー症状は激減します。

 

では、さっそく、どこに多いのかを書いていきますね。

 

ダニがいる場所

ダニがいる場所は、以下の通りになります。
多いと言われている順に、書いていきますね。

  • 布団
  • カーペット(じゅうたん)
  • たたみ
  • ぬいぐるみ
  • 布製のソファ
  • 足ふき・台所・玄関マット
  • 毛布
  • カーテン
  • 押入れ

極端な話、家の中のありとあらゆる場所にいると思ってください。

 

データはありませんが、トイレにもいるでしょうし、玄関にもいると思います。

なぜなら、床にいるから。

床にいるってことは、どこにでもいるってことになりますよね。

 

ダニ対策をする場合のポイントは

ありとあらゆるところにいるにはいるのですが、その数は、雲泥の差があります。

こちらは神奈川県衛生研究所のデータなのですが。

ご覧いただくと一目瞭然なのですが、布団、カーペット(じゅうたん)、たたみが他の場所と比較して、圧倒的に多いことが分かると思います。

 

ダニがどこにいるかが気になり、対策を練るのであれば、ここをピンポイントで行なえば効果は倍増どころか数十倍に膨れ上がります。

 

逆に、フローリングに掃除を毎日かけたとしても、ダニアレルギーの予防効果は、書き方が悪いですが「ほぼ0」ということになります。

 

ダニがいるところ(特に多いところ)が分かれば、あとは、対策をするだけではないでしょうか?

対策についての詳細は、こちらに書いていますので、もしも必要なら、読んでいただけたらと思います。

 

⇒ダニ対策まとめ!掃除をするポイントを細かく紹介します

 

ダニによるトラブルが、少しでも改善できる手助けになれば幸いです。

アトピー訴求