ダニ対策グッズ

ダニ対策グッズで、私が調べたものや、実際に使ったものは以下の通りになります。

  • 防ダニ布団
  • 防ダニシーツ
  • ダニ除けスプレー
  • ダニ殺虫剤(スプレーやパウダーや燻製剤)
  • ダニシート
  • ダニ忌避剤
  • 掃除機
  • 除湿機・加湿器
  • フロア用掃除道具

では、1つ1つ見ていきますね

 

防ダニ布団

防ダニ布団には2つの方法があります。

①ダニを布団の中に入らない布で作られている

②ダニを布団に寄せ付けない

防ダニ布団についての詳細は、こちらをご覧ください。

 

⇒ダニを予防する布団なら二度と困らないという事実!

 

防ダニシーツ

防ダニシーツにも2つの方法があります。

①シーツの目が細かくてダニが中に侵入できない

②忌避剤を用いてダニを寄せ付けない

防ダニ布団と同じですね。

防ダニシーツについての詳細や比較は、こちらをご覧ください。

 

⇒防ダニの布団カバー比較!子どもにぴったりなのはこれだ

 

ダニ除けスプレー

ダニを寄せ付けないようにするスプレーです。

ダニが嫌いな天然のニオイで寄せ付けなくするものが主流です。

『ダニクリン』や『ダニよけスプレー』が、これにあたります。

 

布団などの寝具に使っても、天然成分だから大丈夫と思われるかもしれませんが、使用上の注意に「吸い込んだり、目に入らないように注意する。」と書いてあるから、微妙だと感じ、使用したことはありません。

 

ダニ駆除スプレー・パウダー

こちらは、ダニを避けるのではなく基本的に駆除するのが目的です。

フェノトリンという殺虫成分が配合されています。

 

・ダニがいなくなるスプレー

・ダニブロッカー

・ダニアース防ダニスプレー

・ダニブロッカー

・ダニアースパウダー

・バルサン

などが、該当します。

 

布団やぬいぐるみにも使えると書いてあるものがありますが、基本は、フェノトリンという殺虫成分が入っています。

『飲食物、食器、小児のおもちゃ、観賞魚、ペット類、飼育、観葉植物にかからないようにする。』とダニブロッカーには記載しているあるので、それ以外の商品も、あまり体に良いものではないという風に感じますね。

 

最初私は何も知らなくて、『ダニアースパウダー』を使いましたが、その後殺虫成分が入っているということを知り、1回で使用をやめました。

 

 

バルサンは、成分も危険ですが、とにかく直接かからないようにしなければいけないものが多くて面倒。

しかも、その中に、一番多くダニがいるのが布団もふくまれているという…。

意味がない。

『なお、食品、食器、おもちゃ、寝具、衣類、仏壇仏具などは直接煙が触れないように、ビニールシートや新聞紙でカバーをするか、部屋の外に出す。』

バルサンの〔使用前に準備すること〕から引用

 

ダニシート

ダニシートにも、2つのタイプがあります。

ダニを誘って捕獲するタイプと、ダニが嫌がる成分で寄せ付けなくするタイプ。

私が使っているのは、ダニを誘って捕獲するタイプです。

 

なぜなら、ダニが嫌がる成分だと、そこの場所にはいなくなっても他のところに移動するだけなんじゃないかなって思ったから。

 

ダニシートについては、こちらに、さらに詳しく書いてあります。

 

⇒ダニシートって効果あるの?そのストレートな質問への答えは!

 

ダニ忌避剤

忌避剤でダニをよせつけないようにします。

押入れや、クローゼットや、タンスなどにはこれが便利と思ったのですが、ダニシートのほうが便利だなと思ったため、購入して2ヶ月くらいで使用するのをやめました(笑)

 

理由は、先ほども書きましたが忌避はそこにダニを寄せ付けなくするだけで、他のところに入るんじゃないかなって思ったからです。

 

掃除機

部屋の掃除は普通の掃除機でOKなのですが、布団の場合は、専用の掃除機があるんですよね。

我が家はレイコップを買いましたが、正直失敗したかなって思ってます。

なぜなら重たいし有線だから(笑)

 

購入した当時は、布団用と言ったらレイコップしかなかったので購入をしたわけですが…。

 

今は、同じような形の商品で、数千円で購入できるものがありますし、レイコップを選択する理由はないと思います。

フィルターに埃はしっかりと付くので、ダニの死骸やフンや卵などは取れていると思います。

 

ただ、レイコップを買うくらいなら、他のが絶対に良いです(笑)

これとか、安いですしね。

イオニシモ搭載 ふとんクリーナー ホワイト [UV・振動・温風・イオン発生器の4機能を搭載]

新品価格
¥6,980から
(2017/3/5 08:04時点)

レイコップについての辛らつな口コミは、こちらを参考にしてください。

 

⇒レイコップが悲惨だという口コミはこちら

除湿機

除湿機はかなり有効な手段になります。

なぜなら、ダニは湿度60~80%を好むので、60%未満に調節するのがベター。

我が家の除湿器は湿度調整ができませんが、今から購入されようと思っているのであれば、調整可能なものの方が絶対に便利です。

 

55%以下のダニは、このようになります。

ヒョウヒダニは低湿度に比較的強いダニですが、55%以下の湿度では、写真のように干からびて10数日以内には死滅してしまいます。

引用元:一条工務店:https://www.ichijo.co.jp/knowledge/point/moisture.html

どう考えても、湿度管理をしたほうが良いですよね。

 

フロア用掃除道具

クイックルワイパーやクイックルハンディを使います。

隙間や高いところはクイックルハンディ、クイックルワイパーは掃除機をかけるのが面倒なときなどに利用されると良いですね。

 

まとめ

ダニを減らすため・増やさない対策は色々とありますので、あなたのライフスタイルに合った方法で実践してくださいね。

 

ちなみにですが、個人的に便利だなと思っているのは、ダニを予防する布団と、ダニシートですね。

これがあれば、それ以外のダニ対策は不要なんじゃないかなって思うくらいです。

 

⇒ダニを予防する布団なら二度と困らないという事実!

 

⇒ダニシートって効果あるの?そのストレートな質問への答えは!

 

ダニの悩みから解放されることを、心から願っております。

アトピー訴求