アレルギーの対策

 

アレグラの子供用。

名前は『アレグラFXジュニア』です。

税別希望小売価格は16錠1180円。

 

 ⇒アレグラFXジュニアの楽天での最安値を見てみる

 

アレグラFXジュニアの効果

アレグラFXジュニアの効果は、以下の通りで、その能力はずば抜けています。

医療用と同成分(フェキソフェナジン塩酸塩)を同量配合し、花粉やハウスダストなどによる鼻のアレルギー症状に優れた効果を発揮する。

「アレグラFXジュニア」は、医療用と同じ成分を同量配合(1錠中にフェキソフェナジン塩酸塩30mg含有)し、鼻水・鼻づまり・くしゃみなどのつらいアレルギー症状に効く。脳内へ移行しにくいため、眠くなりにくいアレルギー専用鼻炎薬で、集中力や判断力、作業能率の低下といった“インペアード・パフォーマンス”を起こしにくいのも特徴。

引用元:https://www.yakuji.co.jp/entry62131.html

医療用と同じ量の成分が入っているというのは、かなりすごいですよね。

それに、眠くなりにくいというのもありがたい。

子供だと授業などがあるし、薬に対して反応が大人よりも良いので、どうしても眠くなるのは避けたいわけですよね。

 

それが可能なアレルギー性鼻炎薬。

『アレグラFXジュニア』。

 

病院やクリニックに通わなくていい時代が来た

アレルギーの薬というのは、今までだと病院やクリニックに足を運ばなくてはいけませんでしたが、薬局に行ければ手に入るようになったというのは、本当にありがたいですよね。

 

待ち時間もありませんし、通う必要もありません。

インフルエンザをうつされる可能性もないし、違う病気をもらってくる可能性もないし。

 

 

本当に、ありがたいはなしです。

久光製薬に感謝状を贈りたい気分です(笑)

 

子供のアレルギーが増えている!原因は何?

Q.

アレルギーの子どもが増えているようですが、原因は?

A.

まだ定説はありません。きれい過ぎるとアレルギーを抑える病原菌や物質も減って耐性ができにくい環境になってきたという衛生仮説、乳幼児期に抗生物質が使われると腸内細菌叢(そう)のバランスが崩れて発症しやすくなるという説などがあります。

せっけんの使いすぎで皮膚のバリアーが壊れてアレルゲンが皮膚から入りやすくなり、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーが増えたのではないかという指摘もあります。

引用元:https://mainichi.jp/articles/20170220/ddm/010/040/031000c

 

まとめ

アレグラFXジュニアの市販価格は、1180円です。

あくまでも定価ですので、販売店により変わってきます。

 

効果のほどは医療用と同じ成分ですので、非常に高いです。

なのに眠気が起こりにくいのですから、至れり尽くせりですよね。

 

お子様のアレルギー性鼻炎の症状が、少しでも早く軽減(改善)することを、切に願います。

スポンサードリンク