アレルギーと油って、実は密接な関係がありました。

摂取する油によって、アレルギーが出やすかったり出にくかったりするんです。

 

これは、名古屋市立大名誉教授の奥山治美さんによって提唱されています。

 

アレルギーにおすすめの油とは

アレルギーと油の関係

DHAやEPAは魚の脂に含まれるので、積極的に魚を食べたいところ。

植物油なら、エゴマ油や亜麻仁(あまに)油は3系に属する「α-リノレン酸」が多い。

α-リノレン酸は体内に取り込まれると、一部はEPAやDHAに変わる。

調理に油が必要なときは他の油と混ざっていない純粋なエゴマ油、亜麻仁油を少し使う程度にとどめる。

引用元:https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017091402000007.html

昔の日本人のような食生活に戻り、さらにえごま油や亜麻仁油を摂取しなさいということになります。

 

名誉教授がおススメする油は…。

魚の脂、エゴマ油、亜麻仁油になります。

(スポンサードリンク)

アレルギーを引き起こしやすい油とは

リノール酸が多すぎると体内に炎症が起こり、アレルギー性の病気やがんなど、さまざまな病気のリスクとなる可能性がある。

引用元:https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017091402000007.html

リノール酸とは、日常使っている油ですね。

サラダ油などがそれに該当します。

揚げ物なんかは特に油を多く使うので、控えたほうがいいということになるのではないでしょうか?

 

 

コンビニのサイドメニューやスナック菓子にも、油はたくさん含まれています。

アレルギーのことを考えると、このようなものは控えるに限るという気がしますね。

 

余談ですが、うちの娘2人もアレルギーがあるので、お菓子は週に1回。

アイスクリームを週に1回。

それ以外の日は、果物やチーズやヨーグルトで対応しています。

 

果物って結構高いので、ヨーグルトとチーズが主ですけどね(笑)

 

まとめ

サラダ油はアレルギーの悪化にもつながりますので、なるべく摂取しないほうがいいです。

どうしても油が必要なときは、エゴマ油や亜麻仁油を使うと良いようですね。

魚の脂も、積極的に摂りたい脂になります。

 

他にもアレルギーにアプローチしてくれる食材があるのですが、あなたはご存知でしょうか?

オリゴ糖なんですけど、知ってます?

 

私は知らなくて、色々と調べたら効果的だと分かったので、今は、娘に積極的に摂取してもらってます。

アレルギーにオリゴ糖が効果的だといえる理由とは

アトピー訴求