スイミングはとても子供にいいといわれているので、習っている人が数多く存在します。

圧倒的な人気といっても、過言ではありません。

 

泳げるようになるメリットよりも、体力が付いたり、バランス感覚が良くなったり、全身を鍛えることができたりと、いいことずくめのように思われます。

 

確かに、良いことが非常に多いのがスイミングスクールの魅力なのですが、アレルギーの子供の場合は、ちょっと気をつけたほうがいいという事実があるんですよね。

 

アレルギーは悪化する可能性がある

アレルギーは、スイミングに使われる塩素によって、悪化する可能性があります。

塩素の子どもへの影響を踏まえて、これからスイミングに通わせたいと考えるママは、まずは体験レッスンを子どもに受けさせてみてはいかがでしょうか? レッスン後の子どもの肌への影響を見極めてから入会しても決して遅くはないでしょう。肌に炎症が起きていないかどうか? 鼻炎などのアレルギーは悪化していないか?など、ママの目で確認してあげましょう。

引用元:https://select.mamastar.jp/241526

 

耳鼻咽喉科の医師は、このようにスイミング(プール)の危険性を情報提供されています。

アレルギー性鼻炎の場合、気をつけたほうがいいというのがお分かりいただけるかと思います。

私自身も重症なアレルギー性鼻炎で何度となく水泳で鼻炎を悪化させた経験から言えることですが、主な症状が鼻づまりのかたは避けたほうが賢明です。

引用元:http://www.sukkiriclinic.com/nichijo.html

 

可能なら体験入会をしてからがいいと思います

体験入会をし、肌トラブルがおきたり、アレルギー性鼻炎が悪化したりしなければ、そのまま入会されるといいかなと思います。

何らかの症状が出るようであれば、スイミング以外の方法を選択されるか、もしもアレルギー科や、耳鼻科や、皮膚科に通っていらっしゃるのであれば、そこの医師に確認されるのがいいのではと思います。

 

 

 

アトピー訴求