口腔アレルギー…。

果物や野菜などの食べ物で、口や唇かゆくなったり、顔や唇が腫れたり、違和感がでたり、しびれが出たりする厄介なアレルギー。

 

どんな果物がアレルギーを起こすの?

では、一般的に、どのような果物を含む食べ物が、アレルギーを起こしてしまうのでしょうか?

以下が、口腔アレルギーを起こすといわれている食材です。

 

トマト

りんご

びわ

さくらんぼ

いちご

メロン

スイカ

きゅうり

セロリ

にんじん

キウイ

オレンジ

マンゴー

ジャガイモ

アボカド

パイナップル

グレープフルーツ

クルミ

アーモンド

へーベルナッツ

ココナッツ

クルミ

大豆

すもも

アンズ

洋ナシ

玉ねぎ

小麦

ゴマ

そば

えび

いか

マグロ

カニ

いくら

たらこ

 

ほぼすべての食べ物が口腔アレルギーの可能性がある?

こうやってみると、ほぼすべての食べ物に、口腔アレルギーの可能性ががあるんじゃないかなって思ってしまいます。

 

というよりも、多かれ少なかれ、あると考えたほうがいいのかもしれません。

 

 

ですから、口や唇がかゆくなったり、顔や唇が腫れたりした場合は、何を食べたかをチェックしておく必要があるかなと思います。

 

また、最初は軽度でも、どんどん症状が悪化していく場合もありますので、一度ダメだなと思ったものに関しては、除去するのがベターだと思います。

 

でも自己判断は止めてアレルギー科を受診しましょう

これに尽きるのではないでしょうか。

なぜなら、自分では何アレルギーなのかの判断が難しいから。

アレルギー科なら、すぐに検査をしてくれるので、自分がどの食べ物に口腔アレルギーがあるのかが分かります。

 

 

アレルギーになりやすい体質があります

1つでも何かのアレルギーがあれば、ほかの果物や野菜やナッツ類にもアレルギーがある可能性があるので、確認しておくに越したことは無いと思うんですよね。

 

できればでいいのですが、アレルギーも専門医がいるところがいいですね。

小児科+アレルギー科は基本ですが、それプラスアレルギー専門医。

 

アレルギーになりやすい体質は回避できませんから、専門の先生に診ていただくのが、一番確実です。

 

体力が弱っている時も症状が出やすい

疲れている時、寝不足のときなど、体力が弱っている時も症状が出やすい傾向にあります。

ですから、なんか疲れ気味だなというときには、いつも以上に注意が必要ですので気をつけてくださいね。

 

口腔アレルギーは花粉アレルギーの子供に多い

口腔アレルギーと花粉アレルギーの原因は、とてもよく似ています。

詳しく書くのは省略しますが、タンパク質が原因になっています。

 

⇒詳しく知りたいあなたはこちらを参考にしてくださいね

 

目がかゆくなったり赤くなったり、風邪でもないのに鼻づまりがおきやすかったり、夜間や寝起き時に鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳などの症状が出やすかったりの症状が子供にある場合は、口腔アレルギーも持っている確率が高くなります。

 

まとめ

口腔アレルギーの一番の対策は、それを食さないこと。

が、全く食べないというのが逆にアレルギーを増大させる場合があります。

 

ですから、できればアレルギー専門医がいる病院やクリニックで、診察を受け、どのような対応策を行うべきなのかを教えていただくべきだと思います。

 

食べたほうがいいのか、完全に食べないほうがいいのか、少しは食べて良いのか…。

そこらあたりの線引きは、親のあなたには分かりかねるかと思います。

私も、分かりません。

 

子供のために、的確な口腔アレルギー対策を行ってくださいね。

アトピー訴求