子どものアレルギー対策に、必死になったいるあなたへ。

改善する秘密をついに発見!

 

それは、腸内環境を整えること。

症状が、軽くなっていきます。

 

なぜ腸内環境を整えるとアレルギー症状が軽くなるの?

なぜ、腸内環境を整えると、アレルギーが症状が軽くなるのでしょう?

 

それは、アレルギーを起こす細胞のバランスを整えるから。

 

Th1とTh2のバランスが取れる

少し専門的な話になるのですが、アレルギーはTh1細胞とTh2細胞が関係していて、アレルギーがない子供は、体の中のTh1細胞とTh2細胞のバランスが取れています。

アレルギーを持つ子供は、Th2のほうが優位傾向にあります。

 

このことは、数多くの書籍に書かれていて、大学教授が書かれている本もあります。

大学教授が書かれている本を2冊紹介。

『アレルギーのない子にするために1歳までにやっておきたいこと15』

(著者)

東海大学医学部教授

古賀泰裕

 

『子どもをアレルギーから守る本』

(著者)

東京歯科大学名誉教授

藤田紘一郎

 

東京大学大学院農学生命科学研究科教授の、上野川修一氏は、こういわれています。

一般にラクトバチルス菌やビフィズス菌などのグラム陽性菌は、T細胞をTh1へと導く。

なぜグラム陽性菌がTh1を誘導するかについて、現在その機構が急速に明らかになりつつある。

腸内フローラにラクトバチルス菌が多い子供にはアレルギーが少ないことが報告され、腸内細菌パターンがアレルギーの発症に関係するとの可能性が強く主張されている。

その理由は、腸内細菌においてグラム陽性菌のラクトバチルス菌はTh1を誘導し、これがアレルギー反応を抑制した結果であろうと考えられている。

引用元:食生活と腸管免疫:https://www.nyusankin.or.jp/scientific/kaminogawa1.html

 

ラクトバチルス菌やビフィズス菌が、Th1を優位に導く。

Th1が優位になると、アレルギーの発症が抑えられる。

 

腸内環境を整える方法!

では、どうやれば腸内環境を整えることや改善することができるのでしょう?

 

善玉菌を増やすべし

それはとても簡単で、腸内環境を担っている、ビフィズス菌やラクトバチルスなどのグラム菌を増やしてあげること。

ビフィズス菌やラクトバチルスなどのグラム菌は、体に善い働きをするということで善い菌(善玉菌)と言われています。

 

ではどうすれば、善玉菌を増やすことができるのでしょう?

それもとても簡単で、エサとなるオリゴ糖を摂取することなんです。

 

オリゴ糖って何だ?

「えっ!?オリゴ糖?善玉菌を増やすなら、ヨーグルトとかで良いんじゃないの?」と思われるかもしれません。

私も、そう思ってました。

 

なぜなら、直接ビフィズス菌を摂取することができるからですよね。

でも、残念ながら摂取しても、子供の細菌にそのビフィズス菌が根付きにくいのが現状のようです。

 

東海大学医学部教授の古賀泰裕氏の著書に、このような解説があります。

ビフィズス菌は生き物です。

生きているので錠剤や食品に加えた時の管理も難しくなります。

時間が経つとその中に含まれる菌が死んでしまいます。

また同じビフィズス菌と言っても、善玉菌や菌株によって違いがあるので、その子どもが本来もっているビフィズス菌と種類が異なると、腸に到達する前に死んでしまったり、うまく腸内に住みつくことが出来なかったりして、ただ腸を通過するだけになってしまいます。

 

慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授の福田真嗣は、このように述べられています。

腸内細菌はさまざまな種類が共生し、生態系をつくっています。

助け合う一方で、生存競争も繰り広げ、その結果として、その人その人に最も適した腸内細菌のタイプだけが腸内に生き残っているんです。

それは、その人が生きてきた年数をかけて培ってきたもの。

だから、人によって腸内フローラの構成は違いますし、さらに言うと、外からヨーグルトやサプリメントなどに含まれる菌がパッと腸内にやってきてもその多くは生存競争に負けてしまうのです。

引用元:NIKKEI STYLE:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO08829470W6A021C1000000?channel=DF130120166093

 

ですから、すでにあなたのお子さんの腸に住んでいる善玉菌(ビフィズス菌やラクトバチルスなどのグラム菌)を増やすのがベターなわけ。

 

オリゴ糖がエサになる

そのエサになるのが、オリゴ糖なんですよ。

 

東海大学医学部教授の古賀泰裕氏は、オリゴ糖は最強と言われています。

 

東京医科歯科大学医学部の名誉教授の藤田紘一郎氏は、著書の中で、このように書かれています。

オリゴ糖(ビフィズス菌の大好物)

腸内細菌の中でも、オリゴ糖を特に好むのがビフィズス菌です。

オリゴ糖は熱や酸に強く、調理をしても、胃酸を浴びても、消失することなく、超まで到達しやすいという特性があります。

 

神戸常磐大学教授の野村英明氏は、このように言われています。

オリゴ糖は、腸内 Bifidobacterium に対する選択的利用性が高いため、正常な腸内常在菌構成を得るのに有効とされる。

この Bifidobacterium はブドウ糖を資化して、短鎖脂肪酸を産生するため、 宿主の健康に貢献するとともに、病原菌の定着を抑 制することが知られている。

引用元:腸内細菌と疾患:https://bulletin.kobe-tokiwa.ac.jp/_src/sc586/03918d90e02096ec91ba8fg96be.pdf

 

日本栄養・食糧学会によると、

オリゴ糖を飲む前は17.8%だったビフィズス菌が、1週間後には38.7%、2週間後には45.9%に大きく増殖しました。

摂取をやめたら、わずか1週間で元に戻ってしまいました。

引用元:フローラ生活倶楽部:https://flora-seikatsu.com/20161207-2/

 

オリゴ糖が含まれている食材

オリゴ糖を含む食品は

・大豆

・玉ねぎ

・ごぼう

・にんにく

・とうもろこし

・バナナ

・はちみつ

などがあります。

 

予防医療内科の笹塚クリニックでは、1日のオリゴ糖の目安量をこのように定義しています。

1日に摂取する目安量としては、乳児から2歳までは1日1g、3歳から5歳までは1日2g、6才以上は1日3g、成人は1日6gをおすすめします。

引用元:https://www.sasazuka-cl.com/supply%20rafi.html

 

では、食品にはどれくらい含有されているのでしょう。

 

例えば大豆。

例えばバナナ。

1本あたり0.3g。

3歳~5歳なら、1日6本。

6歳以上なら、1日10本を食べなければなりません。

 

例えばごぼう。

100gあたり3.6g。

ちなみに100gとは、1円玉100枚分と同じです。

3歳~5歳なら、1円玉約50枚分。

6歳以上なら、1円玉約80枚分を食べなければなりません。

 

結構な量を食べないといけない…。

 

娘の腸内細菌を善玉菌優勢にして、腸内環境を整えようと思いましたが、食べ物で満足のいく量のオリゴ糖を摂取することは無理だと思ったんです。

 

 

食べ物での摂取は難しいならどうすればいいの?

代替できる何かは無いかなと思って調べていると、粉末や液状になっているオリゴ糖があることが分かったんです。

凝縮されているので、少ない量で満足のいくオリゴ糖が摂取できると思ったんですよね。

 

ところがここにも落とし穴が…。

 

含有量が少なく、人工的に作られている砂糖で甘みがプラスされているものが多い。

 

含有量が少なければ、必然的にたくさんの量を摂取しなければいけなくなります。

そうなると、腸に良くない…。

 

砂糖は体に良くない

砂糖は体に良くないという情報は多々あるのですが、健康診断や保健指導を積極的に行っている順天厚生事業団もこのように言われています。

白砂糖 やスナック菓子・炭酸清涼飲料水、コンビニ・ファスト フード店の添加物を多種類使用した加工食品などを 大量に摂取するようになった我々。

その影響により日本人の腸内細菌数は戦前に比 べて、とても少なくなっているといわれています。

細菌が減少すると腸内フローラのバランスも崩れ、 腸年齢も老化していくのです。

引用元:順天厚生事業団:https://www.junten.or.jp/pdf/vol302.pdf

 

白砂糖のメリット『0』です。

 

オリゴ糖は純度の高いものを

ですから、できるかぎりオリゴ糖は純度の高いもの(人工的な甘みが付けられていないもの)を選ぶ必要があるのだと思いました。

調べたらすぐに分かるんですが、結構、余計なものが入っているオリゴ糖って多いんですよ。

 

そんな中、「これだ!」と思ったのが、カイテキオリゴというオリゴ糖でした。

 

その理由は以下の4点。

  • 高純度
    98%以上のオリゴ糖を配合している。
  • 日本一
    オリゴ糖の通販部門で、日本で一番売れている。
  • 6種類のオリゴ糖が摂取できる
    色々な善玉菌に対応できるように、6種類のオリゴ糖を配合。
  • 全額返金保証
    何の変化もない場合、25日以内に申請すれば商品代金を返金。

 

ちょっとだけ、想像してみてください。

あなたのお子さまの、アレルギーがなくなる未来を。

 

⇒オリゴ糖で腸内が元気に!高純度のオリゴ糖ならカイテキオリゴ

 

⇒実際に飲んでいる我が家のカイテキオリゴの口コミ体験談はこちら

 

あなたのお子様の体質が改善す、アレルギー症状が緩和することを切に願います。

アトピー訴求