子供のが小児喘息と診断された。

クスリで収まったけど、発作を出さないようにする方法ってあるのかな…。

そんな風に思い、予防方法を探していらっしゃるのだと思います。

 

喘息がおきないように予防するには、どのような方法があるのでしょうか?

*このページの情報は、『図解でわかる!小児ぜんそく(大矢幸弘監修)』に基づいて書いています

 

喘息の一番の予防は原因をなくすこと

喘息が出るのを予防するには、その原因をなくすことが最短距離です。

 

では、何が喘息の原因になるのでしょうか?

代表的なものは、ダニ、動物の毛やフケ(犬、猫、ハムスターなど)、ホコリ、チリ、カビ、花粉などです。

動物を飼っていなければ、動物の毛やフケは関係なくなります。

ダニ、ホコリ、チリ、カビ、花粉が主な原因となります。

 

ダニが最大のアレルゲン

喘息に関係しているアレルゲンの中で、圧倒的に多いのはチリダニです。

糞や死骸が空気中に漂うために吸ってしまいやすい状況になり、気管支を刺激してしまい、発作を起こしやすくもしますし、悪化させたりもします。

 

 

最大のアレルゲンのダニ対策は?

では、どうすればダニのを取り除くことができるのでしょうか?

そのあたりについては、こちらのページが非常に役立つかなと思います。

ダニ対策まとめ!掃除をするポイントを細かく紹介します

 

発作を起こさない室内環境とはどんな環境?

・寝具を清潔に保つ

・カーペットや畳に、できるだけ頻繁に、時間をかけて掃除機をかける

・布製のソファやクッションに、ていねいに掃除機をかける

・ぬいぐるみは月に1回洗う

・家具の中や裏側にホコリが溜まらないようにする

・カーテンも定期的に洗う(またはブラインドにする)

・犬や猫やハムスターなど毛のある動物を室内で飼わない

・掃除機は排気がキレイなものを選ぶ

・鉢植えは室外に

・洗濯物は室外に

・エアコンは年に1回は業者に洗浄してもらう(フィルターは適宜)

・家族には禁煙してもらう

・石油やガスなどの暖房器具や調理器具はなるべく使わない(使うときは換気をしっかりと)

・サッシの溝にホコリをためたり、カビを発生させたりしないようにする

・こたつはできれば使わない

・物の上(カーテンレール、照明器具、タンス)を、月に1回のペースで掃除する

 

まとめ

小児ぜんそくの発作は、日常生活で予防することができます。

全てを一気に行う必要はないと思います。

あなたができるところから、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

 

一番のアレルゲンはダニですから、ダニ対策から始めるのがベターかもしれませんね。

ダニ対策まとめ!掃除をするポイントを細かく紹介します

あなたのお子様が喘息発作を起こすことなく、毎日楽しく過ごせるようになることを切に願っています。